カンプ・ノウ結婚式リポート@WSCスタッフ

2015-16シーズン後半戦も快調にトップを走り続けるFCバルセロナ、その本拠地であるカンプ・ノウ スタジアムにて、素敵な日本人カップルの結婚セレモニーが執り行われました。

本日の主役は、九州ご在住の山本様ご夫妻と、ご子息の奏音くん、3人とも熱烈なバルサファンです。

私、WSCの現地スタッフとしてセレモニーのアシスタントを務めさせて頂きました。

結婚式はスタジアムを全て貸し切りで行うため、ミュージアムやショップ閉館後の夜20時からのスタートとなります。

とはいっても、山本様、そして私達スタッフは朝から準備に大忙しです。

ご出国前から日本の本社スタッフとの念入りな打合せにより、チームサイドへはお客様の細かいご希望も全てお伝えしており、今朝は現地にて最終打合せとなります。

10時にカン・プノウのセレモニー担当者を訪問し、スケジュールの再確認、スタジアム内の移動ルートを実際に歩きながら最終の微調整をさせて頂きました。

一方、山本様は15時よりホテル客室にてヘアメイク、ドレスの着付けが始まります。

シルエットの美しいウエディングドレスは日本からご持参された物、新婦様のネイルカラーは赤と青のバルサカラー、新郎様はバルサロゴのピンバッチをネクタイに留めて、細部までのこだわりに挙式への意気込みが感じられます。

19時にホテルをタクシーで出発し、約15分の道のりでスタジアムゲートへ到着しました。

ゲートではすでにカメラマンが待機しており、チームスタッフ一同に出迎えられて撮影スタート。

通常、一般客は立ち入れないVIPラウンジへ通され、セレモニー開始までしばし寛ぎます。

ここで、本日の挙式の執り行うスペイン人のMaster of Ceremony とご挨拶、セレモニーの流れを確認します。

挙式は、カタルーニャの条例に基づいたシヴィル・ウエディング形式で執り行われます。